WindowsでPythonを使ってWebScrapingやデータ解析をしたいならAnaconda一択

Python2xかPython3xか

Python3の普及がだいぶ進んだので、Python2を選択するメリットがほとんどなくなりました。

逆に、Python2にしか対応していないライブラリなどがあれば、そんなライブラリは時代遅れなので止めたほうがいい、というレベルです。

Scrapyも以前はPython2にしか対応しておりませんでしたが、Python3も対応済みです。

ってことで、Python3一択です。

Anacondaとは?

Anaconda/minicondaってのはPythonで書かれたデータ解析のプラットフォームのこと。

必要な環境は一通り揃っている、つまりパッケージ化されている。ライブラリの依存関係なども解決されている。

様々なライブラリをインストールすると、依存関係などにより不明なエラーが多数発生して困ることがある。

WebScrapinやデータ解析をしたいなど、目的志向の方は、環境構築で悩む時間がもったいないので、積極的にパッケージを活用しましょう!

Anacondaのインストールは?

以下の記事で詳細な説明があり、尚且つ、ハマりどころもまとめていただいているので、僕のほうでは詳しく説明しません。

IDEは何を使うか?

近年、目的(例えば、WebScraping)と、選ぶ言語、ツールはセットで考える必要が出て来ています。もちろん、自分なりにツールを選んでカスタマイズすることも可能ではありますが、目的志向の場合には遠回り過ぎます。

僕が使っているのは、Pythonの簡易なIDEであるIDLEとSpyderの2つです。たまにIPythonなども使います。

ちょっとした用途にはIDLEのほうがお勧めです。僕は今後IDLEの使い方を中心にブログを書いて行こうと思っています。

Spyderの使い方は以下のサイトが詳しいです。

 

 

コメント