Win10でWindowsPowershellを使う初期設定 | 基礎学習にお勧めの書籍

Win10ではPowerShellは標準装備

従って、特にインストール作業は必要ありません。

便利!!!

実行ポリシーは変更の必要があり

PowerShellのスクリプトは、マルウェアなどにも使用可能なため、デフォルトでは実行が不可になっております。

設定の変更の必要があります。

設定の変更はPowerShellプロンプト上から行えます。

が、Win10では、通常のプロンプトを起動すると設定の権限が無しとのエラーが出ます。

Windowsマークを右クリックし、管理者用のプロンプトを起動しましょう。

そして、単純にスクリプトを実行可能にするには、以下のコマンドを打ちます。

>Set-ExecutionPolicy RemoteSigned

以下のように聞かれますで、[Y]を入力します。

以下のサイトを参考にしました。

プロンプトの表示を変更

デフォルトのプロンプトは、Windowsのアカウント名などが表示されます。

特に、僕のように、ブログでサンプルコードを表示する場合は、都合が悪いので、変更します。

以下のサイトを丸々参考に出来ます。

PowerShellの基礎学習は

参考になりそうなサイトは良さげなものがありませんでした。

Amazon Kindle Unlimited 読み放題対象で、以下がすごく参考になりそうなので、おすすめです。

最初から高い書籍を購入する必要はありません!

コメント