AMP対応をするべきか?

EstudioWebDoce / Pixabay

AMPとは?

Accelerated Mobile Pages (AMP) は、Googleが中心となって立ち上げた、モバイルでのウェブサイト閲覧を高速化することを目的とするオープンソースプロジェクトである[1]。また、AMPの成果物である一連の仕様やライブラリなどについてもAMPと呼ぶ。AMPは、従来より用いられているHTMLなどのウェブ技術を改良したもので、中核となるのはAMP HTMLと呼ばれるHTMLの一種である。
Accelerated Mobile Pages – Wikipedia

AMP対応をやめました

僕の運営する以下のブログでAMP対応をしていたがやめました。実際には、ワードプレステーマ「COCOON」のAMPボタンのチェックをオンからオフに変えただけです。

ボタンを押すだけで済むAMP対応をなぜやめたか?

  • GoogleサーチコンソールでAMPエラーが出た
  • AMP対応ページで表示崩れなどがおきた

など

AMPに対応させるコストもかかるし、対応させて表現力に制限が出るのが煩わしくなりました。そのわりには恩恵(SEO上優遇されるなど)も感じづらく、今の時点ではメリットよりデメリットのほうが大きいという判断です。

参考サイト

COCOONの作成者のわいひらさんの回答は非常に参考になります。

僕個人としては、Cocoonの高速化対策を行っていればAMP化は不要と思います。 AMPページだからといって、検索で優遇されるわけではないですし。それに、一般の最適化されたモバイルページよりも使い勝手は悪いように感じます。
AMP対応は本当に必要なことなのでしょうか。みなさんどう思いますか? | Cocoonテーマに関する質問 | Cocoon フォーラム

 

 

コメント